岐阜の不動産や賃貸経営なら株式会社大雄 不動産事業部へ

岐阜・各務原の不動産なら大雄不動産事業部へ!

 058-216-3777

営業時間

営業時間:9:00~18:00 毎週水曜定休

第2回 相続の時にやらなければいけないこと・前編

      2018/07/02

ダイ
こんにちは!「岐阜の不動産といえば大雄!」不動産事業部のベテラン社員のダイと言います!

ゆう子
こんにちは!同じく不動産事業部、新人のゆう子です!

このブログでは、不動産について

  • 固定資産税
  • 相続
  • 相続税
  • 節税
  • 法令
  • 近隣トラブル
  • 空家問題
  • 売却について
  • 賃貸について

などなど幅広い内容で、「お困りごとの解決」・「お役立ち情報」・「お得な情報」をご紹介してまいります!


※こちらの記事は2018年7月1日現在の法令等を元に作成しております。

ダイ
またまた突然だけど、ゆう子さんは「相続」ってどんなイメージがあるかい?

ゆう子
相続ですか・・・、なんだかとても難しい事ってイメージがありますね。

ダイ
そうだね。
ゆう子さんの言う通り、様々な手続きや法律、さらには複雑な税法などもあるからなかなかすべてを理解するのは難しいんだ。
場合によっては相続争いが・・・なんてこともあるしね。

ゆう子
今まで仲良かった親族で争うなんて悲しいですね・・・。

ダイ
そうだね、だからこそそうならないように相続が起きる前に対策が必要なんだ。

ゆう子
なるほど!
そのためには相続の事をもっと知らないといけませんね!

ダイ
そうなんだ!まずは基本として、相続開始から「いつまでに」、「どんなこと」をしなければいけないのかを見てみようか!

ゆう子
はい!お願いします!

相続が開始してからいつまでに、何をするのか

相続手順・期限

ゆう子
これを見るだけだと思ったより簡単そうですね!私でもできそう!

ダイ
いやいや、そんな簡単なことじゃないんだよ・・・。

ダイ
大切な人が亡くなって心がついていかない中で、やる事がたくさん迫ってくるんだよ。

ダイ
想像してごらんよ、ゆう子さん・・・。

ゆう子
・・・そうですね。

ダイ
とはいえ、実際に実務としても大変なことが多いんだよ。

ゆう子
そうなんですね!

ダイ
では、一つずつ見ていこう!

死亡の手続き

市区町村の役所へ死亡届の手続きが7日以内に必要です。
通夜や、葬式の手配をしつつ同時進行で行い、また火葬や埋葬の手続きも同時に行う必要があります。

ゆう子
一番つらい時期にやらなければいけないのが大変ですね。

ダイ
そうなんだ、ただ死亡届などは葬儀社に代理で届け出てもらう事もできるよ。

ゆう子
他にはどんな手続きがあるんですか?

ダイ
他にはこんな手続きがあるよ。

その他の手続き

  • 世帯主の変更手続き
  • 国民健康保険・国民年金の手続き
  • 介護保険の手続き
  • 老人医療受給者の手続き
  • 医療の手続き
  • 特定疾患医療受給者の手続き
  • 身体障害受給者の手続き
  • 児童手当等の手続き
  • 犬の手続き

市区町村の役所等へ各手続きが14日以内に必要です。
全ての人が該当するわけではありませんが、どの手続きが必要なのかを把握することが大切です。

ゆう子
なんだかやる事がいっぱいですね・・・!

ダイ
そう、必ずしも全部の手続きが必要なわけではないけど、これらは14日以内に行わなければならないんだ。

ゆう子
仕事がある方だとさらに大変ですね。

ダイ
しかも役所は土日はお休みだから平日仕事の人は悩みどころだよね。

ダイ
では続きを見てみようか。

遺言書の検認

遺言書の検認について、民法でこのように定められています。

民法 第1004条

  1. 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。
  2. 前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。
  3. 封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

この条文にあるように、公正証書遺言以外の全ての遺言書は、遺言書の保管者(保管者がない場合は相続人のうち遺言書を発見した者)は、遅滞なく家庭裁判所に提出して検認を請求しなければいけないとあります。また、遺言書に封印がある場合は相続人又はその代理人の立会いのもと家庭裁判所で開封しなければいけません。

ゆう子
遺言書に法律で決められたルールがあるなんて初めて知りました!

ダイ
封印してある遺言書を見つけてその場であけちゃったなんてことになったら大変なことになるんだよ!

ゆう子
今日これを見てなかったら確実にやってますね私・・・。

ダイ
ここに出てくる「公正証書遺言」など遺言の種類や、その書き方なんかも色々と決められたルールがあるんだけど、それはまたの機会に詳しく説明しようかな。

ゆう子
はい!また是非教えてください!

相続放棄または相続限定承認

相続人は、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、単純承認・限定承認・相続放棄のいずれかを選択して、相続するかの意思表示をする必要があります。

単純承認

民法 第920条

相続人が、単純承認した時は、無限に被相続人の権利義務を承継する。

いわゆる普通の相続の事です。プラスの財産(現金、不動産、有価証券など)もマイナスの財産(借金など)も全て相続します。
相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、限定承認・相続放棄をしなかった場合は単純承認になります。
※その他にも単純承認になる場合はありますが詳しくは<民法 第921条>参照

限定承認

民法 第922条

相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ、被相続人の債務及び遺贈を弁済するべきことを留保して、相続の承認をすることができる。

プラスの財産とマイナスの財産のうち、プラスの財産が多かった時だけ相続します。
例えば事業を行っている方などは不動産や株式などプラスの財産の他に融資のための借金などのマイナスの財産がたくさんあるため、相続を放棄した方がいいのかそうじゃないのかすぐにわからない場合があります。そのようなときは限定承認を選択することもできます。

民法 第915条:限定承認をしようとする者は、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申述しなければならない。

民法 第923条:相続人が複数いる場合は、相続人全員が共同してのみこれをすることができる。
※相続放棄者がいる場合は、他の相続人全員が共同して限定承認をすることができます。

相続放棄

民法 第939条

相続の放棄をしたものは、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

条文のままですが、相続を放棄した場合は、プラスの財産もマイナスの財産も一切承継しないものとします。

民法 第915条:相続放棄をしようとする者は、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申述しなければならない。
※限定承認と違い、こちらは単独で行うことができます。

ゆう子
なんだか難しい言葉がいっぱいですね!

ダイ
大事なポイントは大きく2点!

ダイ
1つは、全部相続するor財産がプラスだったら相続するor何も相続しない。
これらの3つを選択できるということ。

ダイ
もう1つは、それらの選択を相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければいけないということ。

ゆう子
なるほど!忘れて3ヶ月を過ぎてしまうと全部相続することになってしまうということですね!

ダイ
その通り!
先だから大丈夫・・・って油断してたら、3ヶ月なんてあっという間だったりするんだよ。

ゆう子
そうですよね、ダイさんも最近1年があっという間って言ってますもんね・・・。

ダイ
・・・。

ゆう子
ごめんなさい、次行きましょう!

所得税の準確定申告

No.2022 納税者が死亡したときの確定申告(準確定申告)

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計算し、その所得金額に対する税額を算出して翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をすることになっています。
しかし、年の中途で死亡した人の場合は、相続人が、1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をしなければなりません。これを準確定申告といいます。

※国税庁HPより

こちらも全ての人が対象という訳ではありません。 準確定申告の対象となるケースのうち、よくあるケースは以下のものです。 ※通常の確定申告の対象と同じです。

  • 自営業者、もしくは個人事業主
  • 給与所得がある方で、年間で2,000万円を超える者
  • 給与所得がある方で、給与所得以外に20万円以上の収入がある者
  • 同族会社の役員やその親族などで、給与のほかに、貸付金の利子や家賃、機械の使用料などの支払を受けた者

ゆう子
なるほど、確定申告が必要な場合もあるんですね!

ダイ
これもなかなか大変なんだ、本人は確定申告に慣れているかもしれないけど、残された方は確定申告なんてしたことないかもしれないからね。

ゆう子
そうですよね!
私も確定申告なんてまったくわかりません・・・。

ダイ
そういう人の方が多いと思うよ。
だから、費用はかかるけど税理士さんにお願いすることもお勧めだよ。

ゆう子
餅は餅屋ってやつですね!

ダイ
そうだね!

まとめ

ダイ
さて、だいぶ長くなってきたので第2回はここまで。

ゆう子
相続っていろんなことをいっぱいやらなければいけないので大変ですね!

ダイ
そうだね!では、簡単だけど少しまとめてみようか

相続開始から4ヶ月以内に行う事

期間 やること 備考
7日以内 死亡届 市区町村の役所へ手続き
14日以内 その他の手続き 市区町村の役所等へ手続き
特になし 遺言書の検認等 封印があれば開封せずに家庭裁判所へ
3ヶ月以内 相続放棄・限定承認 家庭裁判所へ申述
4か月以内 準確定申告 必要に応じて

ゆう子
1つ1つ期限があるので、なんだか急かされる気分になりそうですよね。

ダイ
決められた期限内にこれだけのことをやらなければいけないから、何も準備していないと本当に大変なんだ。

ダイ
どういう事をしなければいけないかを事前に知っているだけでも余裕が持てるよね。

ゆう子
そうですね!事前に準備もできますもんね!

ダイ
その通り!やっぱり前もって準備出来る事はしておいた方がいいね!

ダイ
次回は、「相続税の申告・納税」と「遺産分割協議」について話をしようと思うけど、ここが本当に大変になる事が多くて、ここを円滑に行うためにも今回話したことを余裕を持ってやっていく事が大事なんだ。

ゆう子
わかりました!いっぱい復習しておきますね。


大雄不動産事業部では相続診断士という資格を持った相続に詳しいスタッフが複数在籍しており、不動産や相続に詳しい顧問税理士もおります。
相続その他のご不安や、気になる事、ご不明な点などお話だけでも結構ですので、お気軽にご相談ください。
お電話でのお問合せ:058-216-3777

 お問い合わせはこちら

 - 不動産トリビア , , , , ,